田中邦衛研究所|管理人日記

<<田中邦衛研究所トップページ  <<ブログトップ  管理人日記

近い将来、あらゆるコンテンツを統合します!

*****

DANCING古事記 (山下洋輔)

f0104645_20223520.jpg

山下洋輔 『DANCING古事記(紙ジャケット仕様)』

2010年12月のテレ東深夜に放送された『田原総一朗の遺言』を見て、さっそくアマゾンに注文した。
番組では、東京12チャンネル(テレ東)時代に田原総一朗が手がけたドキュメント番組が放送された。そのうちのひとつ「バリケードの中のジャズ」で放送された演奏がすさまじく、さっそく購入に踏み切った。

どんな内容だったかは、こちらのブログから引用したい。

1969年初夏。早稲田大学本部キャンパス8号館地下は完全にバリケード封鎖されていた。8号館と言えば確か法学部の校舎だったか、キンキンと辺りに反響するアジ演説を押しのけるように、いきなりピアノとドラムがものすごいスピードで疾走を始める。

結成されたばかりの山下洋輔トリオの初録音が本作「DANCING古事記」である。そもそもはテレビ東京で放映された「ドキュメンタリー青春」という番組のために行われたゲリラライブを、ひっそりと自費出版でレコード化した作品だ。ちなみに仕掛人である番組のプロデューサーはテレビ東京社員時代の田原総一朗である。

謙遜と謙譲の音楽


1969年に放送された内容を見ていると、山下洋輔は画面でふて寝していたり、せっかくの出演依頼電話を妻を通じてことわったり、河原をただ歩いたり、なんかモラトリアムかかった青年時代だよなーと思ったら、これ、全部八百長。田原総一朗が指示して演技させてたようだ。

番組中に田原総一朗が言っていたが、
八百長でもいいから土台を作ってからがガチンコ
だよね。やっぱ。

注文したCD、仕入れ先に問い合わせてからの配送か。届くのか? 楽しみだ。
[PR]

by p_up_kuniken | 2011-01-05 20:36 | ブックマーク

<< 正夢? 正月に見た夢が気になり... FUJITSU ScanSna... >>

これよりメニュー開始

ブログトップ

*************

田中邦衛研究所|管理人日記