田中邦衛研究所|管理人日記

<<田中邦衛研究所トップページ  <<ブログトップ  管理人日記

近い将来、あらゆるコンテンツを統合します!

*****

これで計画停電も大丈夫? 家庭用バッテリー充電 UPSを購入した

東京電力による計画停電で、一番辛いのが18時〜22時の時間帯だ。

外を見渡せば電気一つなく、月のあかりだけ。ストーブもつけられず、毛布にくるまるしかない。
これが夏場なら、いったいどうなるんだ? USBの小型扇風機を使おうにもPCはシャットダウン状態だ。

電池で使えるストーブや扇風機がないかと家電量販店に行くも、いまやどれもこれもコンセント式。
想像するだけで、真夏の停電は地獄になりそうだ。

ということで、停電が来ても大丈夫なように家庭用のUPSを購入した。

f0104645_05157.jpg

UPSとは、無停電電源装置のことで電池や発電機が内蔵されているので、停電時でもしばらくの間は電気を供給できる装置だ。サーバーへの電源供給などにも使われ、停電で突然パソコンが落ちても、電源供給は切れることなく作業が続けることができる。ファイル編集中に停電になっても、UPSがあれば大丈夫なのだ。

購入したUPSは、ユタカ電機製作所 常時商用方式UPSmini500II。

APC製のものを最初は購入しようとしたが、震災にて出荷ができないとの連絡が入り、ユタカ電機製作所製のものにした。ユタカ電機製作所には、以前従兄弟のおじさんが勤めていたこともあり、知っているメーカーなので、ま、問題ないだろう。

で、さっそく設置。
後ろにあるコンセントは3つで、iMacのコードを挿し込み、UPSの電源コンセントを抜いてみた。

f0104645_0132726.jpg


おお! ピーピーと停電を知らせる音がなり、パソコンの画面はそのまま。

ちなみに、机の上にUPSを置いているが、無音なのでまったく気にならない。
計画停電は、情報によっては2年くらい続くともいう。UPSがあれば、計画停電がきても、じっと辛抱しなくてもよさそうだ。

UPS バッテリ期待寿命7年 13,600円〜はこちらから

[PR]

by p_up_kuniken | 2011-03-25 00:21 | ブックマーク

<< テレビでネット 円が76円! >>

これよりメニュー開始

ブログトップ

*************

田中邦衛研究所|管理人日記