田中邦衛研究所|管理人日記

<<田中邦衛研究所トップページ  <<ブログトップ  管理人日記

近い将来、あらゆるコンテンツを統合します!

*****

<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

目的は同じで手法を変える

あることをしたら、いっきに来た。

今年はじめくらいに行っていたアレは
いったい何だったのかと思う。

これは次の施策のヒントにしよう。

[PR]

by p_up_kuniken | 2009-06-29 13:05 | 無料占いサイト

立ち上げから3ヶ月

4月にサイトを立ち上げたポー.jpのよく見られるページが最近変わってきた。

立ち上げた当初から2ヶ月間くらいは、10年後ニュースしか見られてなく、オープン当初にあった太組の展開予想占いや、亀谷の血統占い予想、市丸の金運生れ月別指数予想を、コメントを毎日変えて更新していたが、まったくといっていいほど閲覧されていなかった。

毎日時間をかけて運勢を予想していたが、誰も見ていないのでは意味がないので、今はコメントなしのチャート予想に変更。しかし、最近、10年後ニュースよりも他の占いページの方が見られる傾向が高まって来た。

それもあって、時間を見て予想のページにてこ入れしようかと思っている。どうぞご期待ください。

[PR]

by p_up_kuniken | 2009-06-27 22:43 | 無料占いサイト

CitizenTube

数ヶ月前からチャンネル自体は公開されていたようだが、いまいまYoutubeの「Citizentube」に気がついた。ま、ページの上に導線リンクがあったからなんだけど。

Google Blogの公式コメント

今後、テレビ番組を見る時間よりも、Youtubeの動画を見る時間がさらに増えていくだろう。CitizenTubeを見て、これまで映像での報道と言えばテレビの特権みたいに感じていたが、その図式も失われて新しい図式が出来てくるんだなと感じた。

もし天安門事件や、ベルリンの壁崩壊の時にYoutubeがあったら、どうなっていただろう。

かといって、市民メディア万歳いい始めたら、堅苦しく感じ広がるものも広がらなくなるだろう。それから、テレビよりもYoutubeを見る時間が増えているからと言って誤解してほしくないのが、テレビ=ダメということではないこと。Youtubeで見ている番組は、ほとんどが過去テレビで放送されたものばかりだからだ。

つまり、好きな時間に番組を選んで、好きな箇所を何度も気軽にみえるのが素晴らしいわけで。テレビもデジタルに移行するなら、そのあたりのUIはぜひ取り入れてもらいたいわけです。

[PR]

by p_up_kuniken | 2009-06-23 22:22

供給された iPhone OS デバイスが接続されていません

iPhoneがらみで、もう1個、エラーが出たのでメモ。

作ったテストアプリを実機に転送しようとしたら、
「供給された iPhone OS デバイスが接続されていません」
とメッセージがでた。

オーガナイザを開いてみると、
実機への接続はできているようだが、
うまく認識されていない様子。

で、ググったら、
こちらのサイトで解決。

[PR]

by p_up_kuniken | 2009-06-23 22:07 | 盲点要点iPhone開発ゼミ

command /usr/bin/codesign failed with exit code 1

iphone3.0になって、xcodeも新しいのインストール。
で、実機にxcodeで作ったファイルを転送しようとしたら、

command /usr/bin/codesign failed with exit code 1

のエラーがでて、ハマりまくった。


Program Portalで登録していた証明書をいったん削除し、最初から証明書の作成し直しとかやっても、結果は同じ。
このサイトとか、このディスカッションを読みながらいろいろと試してみたが、同じエラーの繰り返しだった。

で、エラーの文言をよく見ると、証明書の一部がnilってるとか出てたので、もしかしたらと思い、キーチェーンを確認。
左側の鍵をクリックして、一覧で出て来た秘密鍵を「右クリック>情報を見る」で見ると、過去に作ったAppIDの秘密鍵とかが残っている状態だった。おそらくこれが原因なのではと思い、削除した。

で、もういっかいこちらの手順で証明書等々作成し直して、実機に転送。

できた。

ヒントをいただいた、Hgwlab Blogさんのエントリーに感謝!


====追記====

お恥ずかしながら、
command /usr/bin/codesign failed with exit code 1
で検索すると、この記事が上位に出てくるので、追記したい。

とあるアプリでビルドしてリリースしようとしたら、

command /usr/bin/codesign failed with exit code 1
Application failed codesign verification. The signature was invalid, or it was not signed with an Apple submission certificate. (-19011)

のエラーが出て、いろいろと悩まされた。

http://iphone-sdk.jp/?p=849
の記事に書いてあったフォルダをひらいてなんちゃらもやってみたが、
うまくいかなかった。

で、いろいろと調べてどうやら、
どうやら以下の箇所が原因になっているようだった。

iPhone Distribution: tanaka ambiguous (matches "iPhone Distribution: tanaka" and "iPhone Distribution: Tanaka" in /Users/tanaka/Library/Keychains/login.keychain)

tanaka と Tanaka は別AppleIDで登録している名前なんだけど、
なんらかの状況で同じものと紐付けられ、照合してしまうようだ。
つまり、1つの証明書に2つの鍵があるのが問題でエラーになるようだ。

で、キーチェーンからどっちかの公開鍵と秘密鍵を削除してビルドすればうまくいくのだが、そのときに、絶対に忘れてはいけないのが
=====================
「秘密鍵」を右クリック→書き出す
=====================
だ。あと、証明書も書き出しておこう。

これ、アプリ公開時は必須でPCが壊れたときとかに
必要だとか書いてあって、アプリを公開していなくても
バックアップは取るべし。

とりあえず、現段階で自分が見つけた解決法を参考になればと追記いたしました。

[PR]

by p_up_kuniken | 2009-06-20 11:23 | 盲点要点iPhone開発ゼミ

SEOって面白い世界だね

SEOやってると、いろいろと面白いサイトにぶつかる。

文脈を無視した文章を書いて笑いをとるっていう手法を、大学時代にミニコミを作っていた先輩が行っていたが、それを思い出した。

▽例▽
http://emanshion.blogtribe.org/

[PR]

by p_up_kuniken | 2009-06-19 18:45 | ブックマーク

Googleスゲーと改めて驚いた

いま、クライアント様からのお仕事でSEOを行っていて。外部ブログを作っているのだが、驚いた。

たった数時間前に作ったブログが、サイト登録や通知など何も行っていないのに、なんと作成したページの3分の1ほどがすでにインデックスされていたのだ。

ギョエーー!

ちなみにヤフーの方は、まだインデックスされていなかった。

すごい!

[PR]

by p_up_kuniken | 2009-06-18 16:29

四天王プロレスの弊害とプロレスを復権させる方法

三沢が亡くなって、プロレスはどうなるのかとの不安の声もあがっている。

このまま、プロレスはジャンルそのものが消失してしまうのだろうか?

いや、プロレスを復権させる方法はある。

カミングアウトなどする必要などない。
プロレスをもう一度復権させたければ、方法は簡単だ。
王者(チャンピオン)を頂点としたピラミッド構造を作り、
役割分担を明確にした上で、両リン反則決着、乱入を復活させることだ。
もう一度、プロレスの基本に立ち戻ることである。

プロレスとは、1シリーズ=1クールとしたドラマの連続だ。
開幕戦で事件が勃発し、中盤から後半にかけて中堅レスラーが噛ませ犬となって煽りをしっかりと行い、最終戦で王者がきちっとドラマを完結させる。

もちろん王者は負けてはならない。
なぜなら、勝つことが商品価値を高めることにつながるからだ。
どうしても契約上、相手が負けブックを飲まないのなら、
両者リングアウトでお茶を濁し、商品価値を守るのが最善だ。

あわせて、カウント2.9プロレスは、いっさい廃止すること。
試合時間は、15分以内にすること。
15分で試合を表現できないようなレスラーは、はっきりいってセンスがない。
ラリアートとバックドロップでしか試合を見せれないようなレスラーは
自分の表現力のなさと、試合の組み立て方の発想の貧困さを
深く反省するがいい。

どうしても、自分の能力で試合を組み立てたり、
シリーズの流れを作れないようなレスラーは、
ブック制作を外部のシナリオライターへ委託した方がまだましである。

簡単に負けブックを飲む王者も、王者として資格がない。


その点、三沢は三沢光晴というブランドをしっかりと
築き上げられたと思う。
三沢光晴組対小川直也組なんて、
何度見ても興奮する。

三沢光晴対田村潔司
三沢光晴対桜庭和志
三沢光晴対セームシュルト
・・・

三沢がらみなら、幻想を抱かせる対戦カードがいくらでも思い浮かんでくる。
これも、三沢光晴というブランドがしっかりと形作られているからに他ならない。

ただし!

四天王プロレスは、プロレスを自分で自分の首をしめていたようなものだった。
当時から、マンネリだとかファミコンプロレスだとかファンの間では定説であったが、週プロなどはただひたすら毎回のように繰り広げられる1、2、オーの繰り返しを、名勝負だとか書き立てるだけだった。

試合時間20分前後に日本武道館の2階席で発せられる「じかんですよー」の声こそ、
真のプロレスファンの叫びだったのだ。

大技の乱発は、選手の自己満足でしかない。

ファンの期待を煽る、裏切る、満足させる、
もう一度、プロレスのこの原点に帰ってもらいたい。

[PR]

by p_up_kuniken | 2009-06-16 00:20

驚いた。三沢が・・・

もうプロレスを見なくなってから数年経つ。
ここ数年は、ときたま深夜にテレビがついていたら見る程度だった。

いまさっき、知り合いからメールが入って、
言葉を失った。

マスクを脱いでから、全日本が分裂するあたりまで、
ほぼ毎週のようにビデオには録画している。

これからしばらく、三沢の試合を
Youtubeでアップし続ける。

いまはそれしか思い浮かばない。

ジャンボ鶴田が亡くなったときも
衝撃を受けたが、
今回はそれ以上かもしれない。

[PR]

by p_up_kuniken | 2009-06-14 00:32

コラムを追加

昨日、案件がとりあえずリリース。2週間で、50ページ弱のサイトリニューアルっていう。しかも、週3日は別件で時間をとられ、実質デザイン1週間、コーディング4日(土日含む)って作業だった。なんとか、納品できてひとまずホッとしているところ。

午前中、別件で新たに打ち合わせ。こちらは、先方で数社あたっているってことだから、ひとまず返答待ち。

午後ちょっとだけ時間ができたので、紀伊国屋書店へ行って『達人プログラマー』って本を購入。
達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道

アマゾンでの評価が高かったので、前から気になっていた本。途中まで読む。

ポーに「基礎強化ラッキーアイテムゼミ」を追加。恋愛コラムの方も、近いうちにアップします。どうぞお楽しみに。

[PR]

by p_up_kuniken | 2009-06-10 21:38 | 無料占いサイト

これよりメニュー開始

ブログトップ

*************

田中邦衛研究所|管理人日記