人気ブログランキング | 話題のタグを見る

田中邦衛研究所|管理人日記

<<田中邦衛研究所トップページ  <<ブログトップ  管理人日記

近い将来、あらゆるコンテンツを統合します!

*****

SEO、ヤフーで3位に!

WEB 集客でも書いたが、某担当者さんから電話が入り、「ヤフー検索で3位ですよ」の喜びの声をいただいた。別なキーワードだと7位。それでも、ずらりと結果に並んでいる企業は、あの有名タレントが出演しているCMでおなじみのB社や、郊外に看板をバンバン建てまくっているC社などなど、有名どころばかりだから、大健闘しているといっていいだろう。予算ゼロ、コストは当方の人件費のみで、先日ワイドショーを騒がせたあのタレントが出演しているCMの企業よりも順位では上に来ているのだから、大金星といってもいいのではないだろうか(と、自画自賛したい)。

で、話は変わって、いま関わっている企業さんに別な相談をいただき対応している。A社が作り運用していたWEBサービスのファイルを譲り受け、別なサーバでWEBサービスの運用をしてほしいとのこと。さっそくファイルをいただき、サーバ環境を聞いた上でお世話になっている方へ依頼しファイルの設置を試みると、設定ファイル等々が欠落していることが判明した。

そこで、A社の担当者へ連絡し、ファイルが欠落しているので再度納品してほしいと伝えると、返って来た返事が、あまりにも漠然としていて具体性がなく、プログラムの中身というよりもプログラムの概念程度の内容で解決になっていなかった。ここで、ピンとは来たが、再度連絡。ファイルをもう一度確認の上、動作するかも確認した上で再度納品してほしいと連絡すると、今度は「ファイルを再度検証して動作確認もするとなると、人件費や別途工数がかかり、スケジュールを抑えるだけでも最低1ヶ月以上はかかる」との返答が返って来た。

普通に考えればおかしな話である。A社で作ったプログラムなのだから、設定等すべて把握しているはずであり、なぜに再度検証したり動作確認にそんなにも時間がかかるのか? そうです。そうなのです。このWEBサービスのプログラム、A社が作ったプログラムではないのです。つまり、A社はクライアントから依頼された作業を、別なB社に下請けし、あたかもA社が作ったかのようにしてクライアントへ納品していたのです。

これは、このA社に限らず、WEB業界ではいろいろなところで見かけることである。企業としてはA社の実績やデザインセンス等に期待し仕事を依頼したのに、その裏でA社は別な下請けへ作業を依頼し、あたかも自社の実績としてサイトに紹介するなんてことも普通に行なわれている(もちろん、自社で制作した実績もあるので、全部が全部そうとは思わないように)。

以前、私が関わっていた案件でも、キャンペーンサイトのシステムで、システムに不具合があったとき、中身を把握しておらず、調整とお詫びに苦心したことがあった。自社で作っていれば、すぐに社員に修正してもらえたものの、そのサイトも下請けに丸投げ状態であったためである。それもあって、今回の件、私はA社を思いっきり責めるつもりはないが、せめて作った人に設定ファイルを尋ねることくらいはできるだろう(それくらいはしろよ)との思いで、A社の対応を待っているところである。

by p_up_kuniken | 2009-05-20 02:51

<< ポー.jpの方向性が見えて来た よくわからない視聴率よりもYo... >>

これよりメニュー開始

ブログトップ

*************

田中邦衛研究所|管理人日記