人気ブログランキング | 話題のタグを見る

田中邦衛研究所|管理人日記

<<田中邦衛研究所トップページ  <<ブログトップ  管理人日記

近い将来、あらゆるコンテンツを統合します!

*****

WEBディレクターの仕事

午前中、以前いた会社に出向き、資料を作成。

本当なら退社前に、引き継がなければならない案件だったが、引き継ぎ手がなかったというか。社内で作業をする人がなく、そのまま辞めてもなお、自分の方で作業とディレクションをしている。前回作った資料は、さすがによくわからなかったと思い、今回はフォントサイズをでかめにして、HTMLを知らない人でもCSSを使って修正できるように作成した。おそらく大丈夫だろう。

作業中、モバイルのディレクターに話しかけられる。なんと、会社を辞めるとのこと。まだ彼が勤め始めてから2ヶ月弱というのに! 彼の実力を育てられなかった会社にも問題あるなと思いつつ、ちょうどモバイルディレクターを探していた人がいたので、その人を紹介する。

ただ、彼の電話対応で気になったことがあったので、軽めに指摘。せっかくクライアントから新規案件の問い合わせなのに、「あーそれはできないですね〜」とダイレクトに否定するのはまずいだろう。

作業を終えて池袋へ向かおうとした時、別なディレクターから話しかけられる。いつもの案件で作業を・・・。

これはこれでありがたいのだが、作業が非効率すぎない?と話をする。テンプレートのページはあるのに、なんでいちいちJPGつくってクライアント確認して、そのあとコーディングするのか? 画像とテキストの差し替えだから、先にコーディングして確認した方が早いんじゃねーの? 

とま、こんなことがあったので、帰りに道を歩きながら、出来るWEBディレクターってどんな人をいうのだろうか?と考えた。


いいディレクターとは。

(1)機転が利く
・・・受注案件を、パートナー会社へ丸投げしていたとしても、あくまでも自社で制作していると装わなければならない。緊急の修正対応が入ったがパートナー会社へ連絡がつかないとき、ディレクターは「申し訳ありません! 制作の者が、深刻なカゼで体調を崩し会社を休みいただいておりまして。電話とスカイプで連絡を取って、どうにか対応しようと試みているのですが、頭がもうろうとしているようで、このまま修正させるとさらにバグを生みそうな状態でして。明日には万全になるかと思いますので、もうしばらくお待ちいただけたらと」と言えるようでなければならない。

(2)最大限の効率化を考える
・・・マウスを動かすのも面倒。キーボードを叩く回数を減らしたい、など、いいディレクターは、常にラクして最大限の仕事をしたいと思えるようでなければならない。だからこそ、一切の無駄をなくそうと効率化のことを絶えず念頭に置く。作業中、フォルダの閉じるボタンとスクロールバーはすぐ隣に配置。また、辞書には「お」の単語に「お疲れさまです。○○○の●●です。」、「ご」には「お手数をおかけいたしますが、ご確認の程、よろしくお願いいたします」などを登録し、スペースを押す回数を出来る限り減らし、メールの文章を作成する。

(3)ホメ方がうまい
・・・クライアントへの謝り方だけでなく、作業者へのノセ方も巧くなければならない。例えば、ゲームアプリが制作者からあがってきたら、ゲームのできばえもさることながら、「オレのPCのスペックでこの処理スピードの早さ、どんな工夫してんの?」「コードのタブ揃えが美しい(<=もはや定番すぎるかも)」「コードの難読化がグーグル級!」などと言えるようでなければならない。


ほかにも、動きが速い、好奇心の電波力が強い、お金の交渉力に長けている、、、などいろいろとあるが、それはまたの機会にでも。

by p_up_kuniken | 2009-06-02 00:06

<< Googleの検索パーソナライ... ポーおじさんが大変なことに >>

これよりメニュー開始

ブログトップ

*************

田中邦衛研究所|管理人日記